着心地を追求するブランドKANKAKU FACTORYのこだわり

 

着心地の良さをとことん追求する。

 

  • 縫い目は肌に触れることはないか?
  • 糸の太さや硬さは肌触りに影響していないか?
  • 生地の肌触り、風合いは?
  • 同じ品番の生地だけど、染料で生地の硬さが変わってないか?
  • ロットによる生地の違いをどこまで受け入れようか?
  • タグは痛いから全てプリント
  • そのプリント方法は肌に触れても問題ないのか?
  • この場所に縫い目がくると、カバンを肩に下げたら気になるかもしれない
  • 手を上げた時の袖が腕に触れる部分は許容範囲か?
  • フードは顔まわりに触れないようになっているか?
  • 新品の生地のニオイは問題ないか?
  • そのために洗い加工をしているが手触りは良くなっているか?

 

書き出したら、キリがない。

私たちは、過敏な肌、繊細な肌、敏感な肌にもやさしく着こなせる服を作る。

一般的な服は販売前に試作品を作成し、デザインを調整します。通常なら1,2回の試作で製品化します。多くても3回。私たちは、こだわりが多すぎて試作も5,6回行ってしまします。

試作品は縫製代も高いので1着あたりの製作費は数万円になります。デザイン変更にもお金がかかります。それでも、諦められずに「今度こそ!」と試作に臨みます。

カンカクファクトリーのオーナー、加藤は触覚過敏で服を着ると痛みを感じることがある。 生地を探すとき、鳥肌を立てながら何百枚もある生地サンプルを触って確かめる。試作した服を試着するとき、過敏で優しい人たちが不快に思う場所はないか念入りに調べる。

そうして完成した服をみなさんにお届けする。

私たちは、感覚過敏の課題解決のために服作りを始めましたが、決して福祉ファッションではありません。

誰もが着心地の良い服に包まれる

その体験をKANKAKU FACTORYでお伝えしたい。


私たちのこだわり

縫い目は外側。内側はフラット。

縫い目を外側にすることで、肌に触れる内側に凸凹がないフラットな衣服を実現。

外側にした縫い目を楽しむ。

縫い目を外側にした衣服は「裏返しに着てる?」を思われがち。パイピングやミシン使いで美しく!

タグなし。首元はノープリント。

タグのチクチク感からの解放。プリントも肌に触れないように首元ではない場所へ。

肌触りの良い生地を追求する

こだわり抜いた生地選定。大学と繊維商社と生地開発の共同研究もしています。

 

 着心地の良さを追求するために、こだわって作るKANKAKU FACTORYの服をご体験ください。

商品を見る